Duncan Wong
16630
page-template-default,page,page-id-16630,bridge-core-2.4.3,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-22.8,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,wpb-js-composer js-comp-ver-6.3.0,vc_responsive,elementor-default

Duncan Wong

ヨガマスター?

はじめてダンカンウォンに出会ったのは2005年だったと思う。当時名古屋で開催された愛地球博の仕事が一段落して、知り合いのプロデューサーからヨガ関連の本とDVDを制作していて、その第2監督を探していると打診があったのがきっかけだった。はじめて会った彼の風貌はまさしくユニセックス。当時はマドンナのツアーに同行したり、デミムーアの誕生日パーティーでヨガ教室を開催したり、表舞台で時の人物であった。

初めての仕事は都内スタジオでの撮影だったが、その容姿と繰り出される難易度の高いポーズの数々で周りの人間を魅了していく反面、

奇妙なつながり

自分とダンカンウォンには奇妙なつながりがあるとしか思えない出来事をひとつ。実は彼の実の父親はビクターウォンという映画俳優。トレマーズなどハリウッド映画にも出演していた人物である。自分は小学生のころから洋画のファンでありもちろん当時トレマーズもリアルタイムで映画館で鑑賞していた。その数年後仕事でラスベガスへ行く際、乗り換えのサンフランシスコ空港のニューススタンドで、なんとそのビクターウォン氏に遭遇し、サインまでもらったのである。こ自分がダンカンに出会う10年以上前のことだった。

ヨギックアーツ

ダンカンウォン氏が活動の中心にしているヨギックアーツは、ヨガ・マーシャルアーツ・タイマッサージをマッシュアップして、西洋文化的にアレンジしたものだと思う。自分はそれほどヨガには明るくないが、